【慶事の際は】
袱紗(ふくさ)は、明るい色(白っぽい色・暖色系)を使用します。包み方は、まずご祝儀袋を広げた袱紗の少し左側に置き、左→上→下→右の順で折り畳みます。最後にはみ出る角の部分は、内側に折りたたみます。取り出す際は右開きになっていれば正解です。(金封タイプの袱紗で包む場合は、右開きの方向になるようご祝儀袋を入れます。)

【弔辞の際は】
袱紗は、暗い色(黒っぽい色や寒色系)を使用します。包み方は、まずお香典袋を広げた袱紗の少し右側に置き、右→下→上→左の順で折りたたみます。最後に、はみ出る角の部分は内側に折りたたみます。取り出す際は、左開きになっていれば正解です。(金封タイプの袱紗で包む場合は、左開きの方向になるようお香典を入れます)
※補足:紫色の袱紗は慶弔どちらにもお使いいただけます。