革は、着色方法によって仕上がりに違いが生まれます!

●「染料染め」
・自然な仕上がり。革本来の味わいが楽しめる。
・色落ちがしやすいデメリット。
・革独特の経年変化が楽しめる。

●「顔料染め」
・キズや汚れに強い。
・水に溶けない顔料で革の表面にコーティングするので、革本来の味わいがなくなるが、年数が経っても鮮やかな色のまま。