皮は、動物の身体から剥いで鞣される前の、そのままの状態では腐ってしまう生の状態をいいます。
革は、薬品で鞣されて加工のできる状態のものであり、腐ったり変質しないように仕上げたものです。

英語では、皮をスキン:SKIN(小牛や羊のような薄くて小さく軽い皮)やハイド:HIDE(成牛や馬などの厚くて大きく重い皮)といい、革はレザー:LEATHERと呼んでいます。